尻が垂れ、太ももが細<なってきたら要注意

昔の人は「老化は足から来る」と言ったものだが、そのとおり、人間の体の中で真 っ先に弱ってくるのが足腰である。人間の体重の40%は筋肉と言われており、しかも 全身の筋肉の70%以上は下半身に存在する。

若い男性では体重の約45%を筋肉が占めているが、この筋肉にかげりが見ぇてくる のが40代に入る頃から。中高年の方は実際、「若い頃と比べて随分と脚が細くなった なあ」と実感されることも多いのではないだろうか。

腰周りやお尻の筋肉が薄くなり、太ももが細くなり、下半身が弱々しくなってハく状態を「尻欠ける」状態と私は言っている。年を取るにつれて、シリヵゲルで吸収さ れていくようにシリがヵヶル。それと比例して増えていくのが高血圧、心臓病、糖尿病、痛風、ガンなどの生活習慣病である。

病気を自覚しないまでも、疲れやすくなった、体力がなくなったといった体の変,匕 を痛感するようになったり、集中力が続かない、やる気がわかない、ィラィラするこ とが増えたなど、精神面での不調を感じる場面も多くなる。

若い頃はスポーッマンで体を鍛えていた人でも、その後何も運動せずにいれば筋力 はどんどん衰えていく。運動らしい運動をせぬままの状態を続けていると、70〜80代 になってからの脚の筋力は、20代の頃の半分近くまで落ちてしまうと言われている。 持久力や心肺機能も年に1%ずつ落ちていくと言われ、老化や病気を招くさらなる要 因となる。

中高年になってジヮジヮと不調を感じるようになってきた人は、一度ご自分の下半 身を観察していただきたい。尻が垂れ’ 太ももが細くなって「尻欠け」状態になってきていると感じたら要注意である。男としての機能も生命力も低下しつつある証だか らである。

また、たとえ年は若くても、日頃からしっかり足腰を锻えていないと、下半身は弱 くなっていく。

年代に関係なく下半身の弱い男は健康面で不安が出てきやすい。逆に、足腰の筋肉

がしっかりしている人は、70代になろぅと80代になろぅと病気と縁遠いままでいられ るのだ。

横から見たときにキュッと上にあがつていて、パンと張つているお尻であること 太ももの筋肉に張りがあること

この二点がクリアできている男性は活力も精力もあって、間違いなく男として強い と言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です