筋肉を動かすと体温が上がる

私がゥヱィト•トレーニンダにはまり、飽きずに続けてこられたのは何ょり気持ち がょく、ストレス解消に大いに効果があったからである。

重いものを持ち上げていると、気力がわいてストレスも吹っ飛ぶ。陶然とした気分 になってすこぶる気持ちがょい。ランニング•ハィと同じだ。

この恍惚状態は「EUPHORIC (ユーフォリック)」と呼ばれ、一度でも経験 するとやめられなくなる。筋肉を锻える過程で、脳内からベータエンドルフィンと呼 ばれる麻薬に似た作用を持つホルモンが分泌され、脳内麻薬の虜になってしまうわけ だ。しかもこれがストレス解消に抜群の効果を発揮してくれる。そればかりでない。

筋肉を動かし、锻えることは血流を高め、代謝を促進させ、肥満の解消、男性機能 の維持や回復、精神の不調を正す特効薬となるのである。

筋肉を動かすと汗が出る。汗が出ると、その時点で体温が約一度程度上がる。体温 の上昇は基礎代謝を高めると同時に免疫力も高めてくれるので、あらゆる病気の予防 や改善につながるのだ。

会社までひと駅歩く、いつもょり遠回りしてみる、階段を使うなど、歩く距離を増 やし筋肉を使う工夫はいろいろできる。洗濯や掃除を妻や母任せにしないで、靴下やハンヵチなどの小物は手を使って自分で洗ぅ、拭き掃除を手伝ぅなど、家の中で体を 動かす機会をつくるのも方法だ。

「仕事で疲れているのだから、家に帰ってまで疲れることはやりたくない」といぅ声 も聞こえてきそぅだが、疲れているときこそ体を動かすべきなのである。体を動かし て筋肉を使い、食べ過ぎないように気をつけて、湯船につかつて寝る。このほ•つが疲 れからの回復は早くなる。忙しい、疲れているを理由に体を怠けさせれば、そのッヶ は病気や不調、活力低下といぅ形で確実に自分に返ってくる。

また「小人閑居して不善をなす(何もすることがなく暇でいると、よくないことを はじめる)」といぅ言葉もある。健全な生活、家庭円満夫婦和合のためにも、体はじ ゃんじゃん動かしたほぅがよい。

体を存分に動かして筋肉がつくと、男としての自分にも自信がついていく。

筋肉を鍛えて自信をつけることこそが、「男が病気にならない生き方」の大基本なのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です